もんしょの巣穴blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グラフィクスプログラマとして思うこと

どこぞでリンクが貼られていたこんな記事。

http://plaza.rakuten.co.jp/fantag/diary/201004080000/

喧嘩を売るつもりじゃないんだけど、この記事は何が言いたいのかさっぱりわからない。
リアルを目指すのは止めろ?没個性になるな?岩のテクスチャにこだわるのは止めろ?
ゲームを無視してグラフィクスだけをよくしていっても売り上げには繋がらないってことを言いたいのか?
だとしたら、そんな当たり前のことを今更言ってどうすんの?

記事の中ではGoWを例に挙げて、このゲームの面白さはリアルなグラフィックが理由じゃない、と言ってる。
じゃあ、GoWのグラフィックがひどい、とまでは言わないけど、レベルが低かったら売れただろうか?
所詮仮定の話でしかないのであんまり意味はないけど、たぶんこんなに売れなかったでしょうね。
あの作品はガチムチなデルタ部隊が地底人ローカストと戦う物語。
その屈強な主人公たちや頑強な地底人たちを表現するためにあのグラフィックはあったわけです。
リアルがどうのと言うのであれば、あんな筋肉ダルマばかりの軍隊がリアルなわけないだろとしか言いようがない。

たぶん、この記事を書いた人は、岩とか大理石とかの質感にこだわりすぎて他が疎かになるのはおかしい。
そんなものの質感は突き詰めていけばどれも同じになるんだから、あほみたいにこだわる必要はないんだ、と言いたいんだと思う。
でも、伝わってこない。何度も読み返して、やっと上記のように考えているんじゃないかと思えた。
それすら合ってるかわからない。
何にしても、グラフィクスはヘボでもゲームが面白ければいいんだ、ととられても仕方ない。
そして、その意見は間違っている。

では、グラフィクスプログラマとしてどう考えるか?
すでにグラフィックは一定以上のクオリティを持っているのが当たり前である。
もちろん、その一定のレベルは値段、プラットフォーム、コンセプトによってまちまちだ。
アンチャーテッド2並のグラフィクスはDSのゲームには求められていない。
しかし、ゲームが凄く面白いからと言って8ビットゲームのグラフィクスをPS3,Xbox360のパッケージソフトとしては出すべきではないし、出したところで売れないだろう。
WiiはSD機だから、ゲームが面白ければPS1並のグラフィクスでもいいか?あり得ない。
最終的にはプラットフォームと予算と期間と人員に左右される。しかし、その制限の中で最高のものを作る努力が必要だ。
こういう記事を持ち出して努力を怠るなら、それは間違っている。

じゃあ、岩の質感にとことんまでこだわるべきなのか?
もちろん、そんなわけない。ただただそんなところにこだわっていてもいいものは出来ない。
重要なことは、ゲームを意識すること。ゲームを作っているということを忘れないこと。
例えば、『バットマン:アーカムアサイラム』は光と影がデザインの上で重要になっており、ゲームでも重要な役割を担っています。
プレイヤーに注目して欲しい部分には光が当たるように細工されていて、これによってプレイヤーは無闇に迷わずに済みます。
このようなデザインをゲームの要素と絡めるのは当たり前の話ではあるのですが、分業が進みすぎるとこういうところに意識が向かなくなります。
ゲームを意識していれば、このゲームを表現するためのグラフィクスも意識できるようになります。
このゲームはリアルな映像であるべきだ、ということになっても、岩の質感だけにこだわるというようなことにはならないはずです。
グラフィックがいいことがゲームを殺したりはしません。ゲームを意識しない制作手法が殺すんです。
それを忘れずにグラフィックのクオリティを高めていくことが重要だ、と私は思います。

スポンサーサイト
  1. 2010/04/10(土) 18:37:30|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2009年 個人的ベストゲーム

明日には実家に帰るので、この更新が今年最後の更新となります。
実家にも箱があればのんびり遊べるんですが、さすがに無理だよね

最後の更新なので、個人的な今年のベスト・ワーストゲームでも書いておきます。
基本的にクリアまで遊んだもの、デモや会社でちょっと遊んだだけのゲームではないものが対象です。
また、今年遊んだゲームであって発売は去年のものもありますのでご注意ください。

ベスト3 『シュタインズゲート』
ネットで話題のあれ。さすがに、神げーは言い過ぎだと思う。
ただ、面白かったのは事実。なので3位にランクイン。
遊ぶ気のなかったノベルゲームなんですが、体験版が面白かったので本編も遊んでみた次第。
ストーリーがいい、というより全体的な演出がよかったと思います。
最後の方のβ世界線に戻れるようになったときに気づいた事実は、わかっていたはずなのに思わず声が出ましたね。
主人公の中二病はそんなに気にならなかったんですが、若さ故の考えなしの行動にちょっとイラっとくることはありました。
とはいえ、興味がある人はやってみてもいいと思います。体験版でもいいですし。

ベスト2 『デススマイルズ』
アーケードで遊んだときはそんなに面白いと思えなかったのですが、家庭用で少し難易度が下がって遊びやすくなった気がしました。
移植度はよくわかりませんが、面白さと遊びやすさは非常にいいと思いました。
システムを理解し始めれば簡単に王冠を大量に出すこともできますし、その場合の点数の桁違いさにも気持ちよさがあります。
予約特典のフルボイスパッチはいらなかったですね。即切った。
あと、デモシーンが飛ばせないのも何とかしてほしかったかな。
『虫姫さまふたり』も面白かったのですが、個人的にはこっちの方が上なので2位にランクインした次第です。

ベスト1 『Forza Motorsport 3』
某レースゲームのおかげでタイムを競うだけのレースゲームは遊ぶ気になれなかったんですが、この作品でそれを克服できた気がします。
この作品の場合、タイムを競うことが楽しいのではなく、とにかく上手く運転することが楽しいゲームだと感じました。
タイヤの接地感や限界などが他のゲームより強く感じられます。というか、ここまでそれっぽく感じたのは初めてです。
そのため、失敗したときは何が失敗したのか、逆に何が成功の要因だったのかがわかりやすい。
アシストによって初心者でも走りやすいのですが、全アシストONだとレールに車を乗せるゲームにしかなりません。
とはいえ、少しずつアシストを切っていって上手く走れたときの気持ちよさは格別です。
普段、どんなレースゲームもオートマで遊ぶのに、このゲームだけは現在マニュアルで遊んでいます。
走ることが苦行にならない。これ以上に重要なことはレースゲームに存在しないのではないでしょうか?
スポーツカーが好きなら間違いなくおすすめできる一品です。

ワースト3 『Halo:ODST』
ゲームが面白くなかったとは言いません。
不満はあったけど、キャンペーンもファイアファイトも面白かったです。
しかし、一番重要なオン対戦がHalo3のものと同一で、それでフルプライスはやっぱりないな。
3980だったらここに入ることはなかったと思います。
まあ、『Halo:Reach』のβが遊べるからいいんですが、これが面白くなかったらどうしよう…。

ワースト2 『プリンス オブ ペルシャ』
Xbox360/PS3で発売されたあれ。発売は去年でしたが、遊んだのは今年。
ワゴンに入るのも致し方ない。単純につまらない。
ほとんどリズムゲームみたいなもので、必要な場所で必要なボタンを押すだけのゲーム。
テクニックもほとんど関係ないし、アクションゲームなのに作業感だけが強かったです。
シナリオも男女のおしゃれな会話が意味不明すぎて困りました。

ワースト1 『Farcry2』
これも今年遊んだのでランクイン。楽しめる人は幸せだと思う。
リアルであることをユーザに強制させるような全体のデザインがとても気に入らない。
その割に敵のAIはこちらの位置を完全に把握して攻撃してくる。
ジャングルの中に逃げ込んでも意味なし。むしろこっちが不利。
地図を見るのに実際に手に持たないといけないので、武器と一緒に持てない。
その割に常に目の前にあって手を下ろすこともできやしない。邪魔すぎ。
とにかく遊びにくいゲームで、途中何度も投げだそうと思ったんですが、何とかクリアしました。
二度と遊びません。

という感じです。
来年は『Halo:Reach』、『SplinterCell:Conviction』、『JustCause2』といった注目タイトルが控えています。
2?3月がかなりやばいんですが、できればゲームは積みたくないですね。積みそうだけど。
というか、注目タイトルのほとんどが洋ゲー。完全な洋ゲー脳です。本当にありがとうございました。

というわけで今年はこれでおしまいです。
皆さん、よいお年を。

  1. 2009/12/26(土) 20:04:06|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E3雑感

Windows7をインストールしましたが、DirectX11のサンプルをちょっと動かしただけ。
DX11のサンプルは1FPSすら出ませんでした。所詮、SM2.0のボードです。
古いノートにインストールしたんですが、動作はそんなに重くなかったです。
ただ、常時ゆるくGPUファンが回る状態になってました。
DX使ったときのフル回転ほどではないものの、バッテリーはすぐになくなりそうです。

さて、E3も終わりましたが、皆さんはどう感じたでしょうか?
個人的にはそれなりに楽しかったです。すごい盛り上がったわけでもないですが。
ハード面ではやはりNatalが興味深かったですね。
精度が十分高いのであれば欲しいですが、Windowsで使用できてしかもSDK付きなら間違いなく買う。
SCEのモーションコントローラは現実的な技術だとは思うのですが、面白みに欠けますね。
一番の問題は、プレゼンが技術デモ程度でしかなかったことでしょうか。
十分商品になりうるデモならもっと興味を持たれるはずなんですがねぇ。
ソフト面ではずっと待ってたスプリンターセルがいい感じで出てきたのがよかったです。
スニークアクションながら非常にスピーディで、何よりかっこいい。
ただ、最近のUBIは微妙なゲームが多いのが難点なんですよね。
L4D2で驚いたのは発売日。Valveなのに前作から1年で発売とか、何があったんだ?
グラフィックが一番きれいだったのはアンチャーテッド2ですね。
ほかに、これは!という特徴を持ったグラフィックのゲームがないってのもありますが。
今年のホリデーシーズンをどうこう言うなら、MSが強そうです。
SCEはPSPGoでどうにかなるとは思ってないでしょうが、それにしてもものがなさ過ぎる。
北米ではマルチソフトはXbox360の方が強いし、このままホリデーシーズン突入は厳しいでしょう。
任天堂は順当にソフトを出してきたな、という印象。
しかし、血圧計はE3で発表するようなものなのだろうか?
あれをゲームに生かす術が見つからない。ポリグラフ代わりにして詐欺師養成ゲームとか?
任天堂のソフト群は、売れると思うし面白そうなんですが、どうも食指が動かない。
やっぱりハードも買わなきゃいけないってのが最大のネックですね。

個人的な注目作品はスプリンターセルとジャストコーズ2ですね。
もちろん、ほかにも買う予定のソフトは多いですが(ODSTとかMW2とか)、あえて選ぶとしたらこの2本です。
逆に期待が持てなくなったのはアサシンクリード2です。
やっぱり暗殺対象の目前に突っ込んで暗殺か…。ソーシャルステルスの意味があるんだろうか?
これならシーフ4に期待しておいたほうがいいかもしれない。

  1. 2009/06/07(日) 22:38:10|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームショウに行ってきました

タイトルどおり、ゲームショウに行ってきました。
人多すぎ。入場する前にメッセを一周しましたよ。マジで。
目的は技術的な何かとかより、年末買うゲームの品定めって感じでした。
なのでほとんどMSブースに入り浸り。ほとんどのゲームが試遊終了になってから、EAとSNKにも行きましたが。
で、とりあえず遊んできたものの感想。

まず空いてたので『ケツイ』と『黒往生』を体験。
ケツイはアーケードで5ゲームくらい、黒往生は初体験なので移植度がどの程度かはわかりません。
ただ、遊んだ感じではこれといった問題点は見られませんでした。
グラフィックはさすがにあれですが、RFAが問題なかった人間なら受け入れられるでしょう。
HD版とかあれば嬉しかったんですが、その辺は残念ですね。

次に『SO4』。120分待ち。
グラフィックはさすがに綺麗。現在発表されているJRPGの中では最高のグラフィックでしょう。
一部のテクスチャはアップになるときついですが、その辺はある程度仕方ない。
FF13?ゲーム画面が出ていないものは評価の対象外です。
戦闘もぬるぬる動いてました。オーソドックスなアクションRPGという印象。
ただ、何か新しいものがあるという感じがなく、個人的にはあまり魅力は感じませんでした。
どちらかというと『ラストレムナント』の方が気になったかな。
買う予定はないのですが、『ロマンシングサガ』とか好きだった人ならけっこうフィーリングが合うんじゃないでしょうか。

次に『ストリートファイター4』。ゲーセンでもやったことがないので初体験。
ちょっとダメージが減ったスト2って感じですね。昨今のハイスピード格闘と比べると遊びやすいです。
特にダメージを受けた時などの表情の変化がすばらしいですね。
スト2は好きだった、という人ならけっこう楽しめるのでは?

次に『バイオハザード5』。100分待ち。
操作方法は従来どおりのスタンダードと、TPSっぽいシューターモードがあり、360ユーザならシューターモードのほうがいいのではないかと思いました。
ただ、銃を構えたりリロードしたりしながら移動が出来ないのがちょっときついですね。
基本的にやることは変わってない感じです。AIが賢いかどうかという点はあまりよくわかりませんでした。
気になったのは壊れたはしごにシェバ(パートナー)をジャンプさせるアクションのところ。
Bでジャンプさせることが出来るのですが、その後またはしごの下でBを押すとシェバがいちいち上から降りてきてもう一度ジャンプしていきました。
当然といえば当然の反応なんですが、ちょっと違和感がありますね。

次が『Fable2』。75分待ち。
同僚が『Fallout3』に行ったらしいので、じゃあ自分はこっちという感じ。
戦闘は前作とあんまり変わってない感じです。それほど面白いという感じは受けません。
ただ、今回はNPCに個性が付きました。ロックオン中にXボタンで名前や主人公に対する感情などの情報を見ることが出来ます。
当然攻撃も可能。ただし、前作と違ってセーフティ機能が付いていて、それを解除しないと攻撃が出来ません。
前作は攻撃したくないNPCに攻撃してしまって困ったことも多かったので、この措置は嬉しいですね。
あと、犬がかわいい。ビッコひいいてる犬がかわいそうになるくらい動きがいいですね。
で、この犬が何か見つけたので地面を掘ってみると、出てきたのは避妊具という名前のアイテム。形状はまんまコンドーム。
すかさず、解説していたスタッフが「避妊具があればベッドインしても子供が生まれません」とかいう。わかるよ、それくらい。
でも、地面から掘り起こしたコンドームなんて使わないよね、普通。

次は『バンジョーとカズーイ』。乗り物を使ったドミノ倒しをやってみました。
解説のお姉さんの指示に従って武器をつけてみたり色々しましたが、『クロムハウンズ』をやってる気分になってきました。
クロムのアセンブリで試行錯誤をするのが好きだった人は確実にはまれるゲームだと思います。
グラフィックも綺麗だし、さすがレアだなと感じました。

その隣の『ミラーズエッジ』がMSブース最後。UBIのは結局遊べませんでした。残念。
『ミラーズエッジ』はなかなか面白いと思いますが、3D酔いする人には確実にお勧めできません。
また、敵のAIは馬鹿です。敵と戦うのが面白いゲームではありません。
どちらかというとレースゲームに近いですね。『ライオットアクト』のルーフトップレースを一人称視点にしたような感じ。
クリアするというより、タイムを縮めるということが楽しい人ならはまれると思いますが、そうでない人だと飽きるのは早いかもしれません。

帰り際にPS3版の『ニードフォースピード:アンダーカバー』を遊びました。
遠めで見ているとすごく綺麗だったのですが、近くで見るとジャギが目立ちすぎて綺麗とはいいがたい。
PS3だからというわけではなく、ディスプレイが大きかったからじゃないかと思います。
遊んだのは車や物を破壊して一定額の賞金を稼ぐモード。モストウォンテッドにはあったっけ?
ゲームプレイの感覚はほとんど変わってません。モストウォンテッドが好きだったなら楽しめるのではないでしょうか。
久しぶりにPS3のパッドをいじりましたが、やっぱり箱コントローラの方がアナログは扱いやすいですね。

そのまま帰ろうと思ったのですが、SNKブースで『KOF98UM』があったのでちょっと遊んでみました。
SNKのXBLA格闘ゲームは枠の付いた小さな画面になってるのですが、これはワイド画面にきちんと対応してました。
ただ、ドットは荒いです。XBLAのゲームなので仕方ないですが。アンチエイリアスくらいかけてもいいんじゃないかと思ったりもしますが。

とまあ、こんな感じ。
MSブースは今まで以上に人が多かったです。去年はかなりすいてたのになぁ。やはりRPG効果か。
外人さんも多かったですが、英語がわかるスタッフが多かったのも印象的でした。
全体的には驚きの少ないTGSだったな、とは思います。一番驚いたのは『のびのびボーイ』ですね。

で、年末買う予定リスト。
(11/7 GoW2アジア版 or 11/13 FIFA09)←決めかねてる
11/27 Farcry2
12/04 Fallout3
12/11 バンジョーとカズーイ + CivRevoDS版
12/18 Fable2
12/25 黒往生
PoPは見送り。余裕が出来たら買う。
見事に洋ゲーだらけ。日本のゲームは黒往生だけか。

  1. 2008/10/13(月) 09:27:48|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

インフィニットアンディスカバリー レビュー

今回はMS×スクエニ×トライエースのRPG『インフィニットアンディスカバリー』のレビューです。
結論から言うと、面白くはないです。
やりたいことはわかるし、アプローチの方向としては悪くないと感じました。
ただ、プレーの快適さとかのユーザよりの部分が少々蔑ろにされていると感じる部分があり、また、システム1つ1つも洗練されているとは言い難かったように感じます。
次回作があればもっと良くなるとは思うのですが、今作に関してはお勧めできないゲームです。

まずシナリオ関係から。
キャラは非常にステレオタイプなキャラばかりです。しかも、ギャルゲーやバトル漫画でよく見かけるものばかり。
まあ、JRPGのキャラは大半がそんなものですがね。
これ自体は悪いとは思いません。人によって好みはあるでしょうけど、安心して見ていられるという利点があります。
しかし、世界設定がどうも好きになれません。というか、説得力を感じません。
例えば主人公たちの目的は月と大地を繋ぐ鎖を断ち切ることなのですが、何故なのかよくわかりません。
物語の中で、鎖を打ち込まれた場所では怪物が活性化したり天変地異が起こったりするから、と言う説明がされているのですが、どうも納得できない。
怪物が住む異世界とこちらの世界を繋ぐ門が開いてしまった、とかなら理屈は通る。でも、鎖が刺さると何故そんなことが起こるのか?
このあたりの説明が一切されておらず、しかも疑問に思うキャラも見当たらない。
そもそも悪役が何でそんなことをしているのかも良くわからない。クリアしても良くわからない。
そんな感じで、よくわからないものがそのままの状態で放置されていることが多かったり、そもそも人々に生活観が感じられなかったりと、この世界を1つの世界と認識しづらかったです。
そのため、キャラが浮いてるように感じます。無理やり決められた役をやらされているような感じ。感覚的なものなので説明が難しいですが。
特に世界を冒険することを重要視しているゲームで、世界を感じられないのは痛いですね。

グラフィック面はさすがにトライエースだけあって綺麗です。
とはいえ、すでに発売されている他のゲームと比べて、圧倒的というほどでもないです。
もちろん、うちの会社でこのレベルのものを作れと言われても困りますが。
基本的なシェーダの類は大概使われているかな。そのためか、あまり特徴はありません。
キャラのモデリングはちょっと怖いと感じます。日本人好みと欧米人好みを無理やりミックスしたのかな、と思いました。
また、モーションについては特にフェイシャルがあまり良くなかったですね。特に口の動き。
カットシーンも面白くはなかったです。特徴があるわけでもなく、JRPGにありがちな妙に長い間があったり。
会話の時ももうちょっと人間っぽい動きをして欲しかったと思います。そうでなれば『オブリビオン』ぐらい割り切ってもいいのではないでしょうか?

システムについては戦闘システムはそれなりに面白かったです。
ただ、コネクトアクションは戦闘が激しくなってくるとやってる暇がありません。
コネクトアクションを使えば敵に対して先制攻撃を与えることもできますが、そのうち面倒になってやめてしまうでしょう。
街でのコネクトアクションは面倒なだけで利益がありません。アイテム合成くらいコネクト無しで使わせて欲しかったです。
コネクトして会話するのも面倒。誰で誰に話しかければ特殊なイベントが発生するのかわかりませんし、全部試すのは面倒すぎです。
アイテム合成も面倒なだけで面白いシステムとは言いがたいです。好きな人は多いのかもしれませんが、私は元々アイテム合成とか嫌いなので。

個人的に注目していたのは敵の五感についての処理です。
敵は視覚、聴覚、嗅覚を持っているらしく、それに応じてこちらの位置を把握したりするということで、その表現をどのように行っているのかが注目でした。
が、残念ながらそれほど面白い表現はしてませんでした。敵に気づかれた場合も、何によって気づいたのかわかりません。
例えば、嗅覚が強い敵なら鼻をひくつかせてこちらに気づくとかを期待してたのですが、単純なエフェクトだけでした。
味方のAIもあまりよくないというか、こちらから命令できることが少なすぎます。これならFF12みたいなほうが好き。
でも、複数パーティで戦闘したときのカオスっぽさは評価できます。この方向を突き詰められたらもっと面白くなったのではないでしょうか?

このゲームは据え置きではFF12以来のJRPGですが(DSも含めれば『世界樹の迷宮』以来)、やっぱりJRPGはもう遊べないかなと思いました。
特にカットシーンが長い。加えて、面白くない。カットシーンが始まって1,2分もすると見なくなりますからね。いや、マジで。
短く、かつ面白く。それが難しいのはよくわかるのですが(RPG作ってたし)、なんとかならんもんかと。
まあ、この方向が修正されない限りはもうJRPGはやらないかもしれません。

  1. 2008/10/08(水) 22:12:36|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

monsho

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。