もんしょの巣穴blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Need for Speed : Most Wanted レビュー

プラチナコレクションとして安くなっていたので『Need for Speed : Most Wanted(以下MW)』(Xbox360)を買いました。
まだクリアはしていませんが、面白さは十分わかったのでレビューをします。


最近の私は、普通のレースゲームに興味が沸きません。
単にレースで1着になる、というだけのゲームに飽きたわけです。
『マリオカート』や『WIPEOUT』のような妨害ありありなら対戦していて面白いんですが、リッジやGTは遊ぶ気になれません。
が、普通でなければ車ゲーは結構好きな方なので、体験版を遊んで面白かったこのゲームをチョイスしました。


基本はストーリーモードで、これはストリートレーサーの最高峰に立つためにランカーを次々と倒していくモードです。
名前のとおりストーリーがありますが、RPGのようなイベントはほとんどなく、基本は途中で届くメールや電話によってのみキャラクタの心情がうかがえるようになっています。
目的はランカートップを打ち負かすことですが、ACシリーズと同じで下の方からしか挑戦できません。
ランカーに挑戦するにはそれぞれのランカーが指定している条件をクリアしないといけません。
条件は3種類あり、それらを全て満たすといつでもランカーに挑戦できるようになります。
1つ目の条件はそのレベルのレースのいくつかで勝利すること。なお、1着以外は勝利と認められませんし、お金ももらえません。
レースは普通の周回レースなどもありますが、特殊なところではスピードカメラを通り過ぎた時のスピードの合計を競うものや、ライバル車なしでいくつかの料金所を規定の時間で突破するもの、短い距離を特殊な操作でクリアしていくものなどがあります。
また、レースにはパトカーの出現確率があり、高いものだとレース途中にパトカーが追ってくるようになります。
もちろん、だからといってレースは中断しませんが、レース終了後にパトカーに追っかけられている状態から始まります。
2つ目の条件は上記のパトカーに関わるもので、警察に対して決められたイベントを実行するものです。
スピードカメラの前を指定されている以上の速度で通過する、というイベントを除けば、全てパトカーに追っかけられている状態でのイベントになります。
例えば、指定時間以上追いかけられてから逃げ切るとか、逆に指定時間以内に逃げ切るとか、指定台数のパトカーにぶつかって逃げ切るとか。
基本的に逃げ切れないとイベントクリアにならないので注意が必要です。
で、パトカーの追跡にはレベルがあります。
ストーリーの進捗によって最大の追跡レベルが存在しますが、追跡レベルが上がればその分追跡はきつくなります。
例えば、レベル2以上になるとロードブロック(道をパトカーでふさぐやつ)が出てきますし、レベル4以上になるとスパイクベルト(とげとげのやつ)を使ったり、ヘリが動員されたりします。
もちろんパトカーのしつこさ、耐久力、速度も上がってきますし、レベル3以降だとちょっとしたミスが命取りになります。
捕まった場合、それまでに破壊したものなどによって罰金が科せられ、その上3回捕まると車を没収されます。
車な複数台所持することが可能ですが、車がなくなるとゲームオーバーです。
3つ目の条件はバウンティ、つまり賞金を一定以上にすることです。
2つ目の条件で書いたイベントをクリアしたり、追いかけっこで逃げまくったりしていると警察は主人公の賞金を上げていきます。
これが一定に達すれば3つ目の条件はクリアとなります。
基本的に、2つ目の条件で指定されているイベントを全てクリアしていればほぼこの条件はクリアできます。
3つの条件をクリアするとランカーといつでも対戦できるようになります。
ランカーとの対戦は1対1で指定されたレースを2?3個行います。
全てで勝利するとランカーに勝利したことになります。負けれもリスタートすればOK。
勝利するとマーカーを2つ選択することができるようになります。
選択できるマーカーは6つで、3つは中身がわからない、残り3つは特殊な改造パーツになります。
中身がわからない3つの中には敵の車もあり、基本的にこれを奪っていけば車を購入しなくても何とかなったりします。


車に関しては、購入、売却、改造が可能です。これもこのゲームの醍醐味といえるでしょう。
売却は隠れ家(セーブとかできる場所)で可能ですが、購入と改造はフリーランで街中を走ってそれぞれの店に行く必要があります。
購入できる車は実在の車ばかり(だと思う)ですが、32台と少な目です。
しかし、改造はエンジン、サス、タイヤなどのパフォーマンス変更から、ウィングなどの見た目のパーツ、ステッカーやカラーなども変更可能です。
ちなみに、警察はこちらを追ってくる際に車種と色を言ったりします(青のポルシェ、とか)が、カラーを変更すれば当然喋る内容も変わります。
この辺はプレイヤーのセンスの見せ所でもあるので、お金に余裕があれば凝ってみてもいいと思います。


操作として特殊な点はニトロとスピードブレイカーがあります。
ニトロは改造でニトロパーツをつけないと使えませんが、名前のとおり超加速できます。
スピードブレイカーは時の流れを遅くするものですが、スピードブレイカー中は転回もしやすくなります。
鋭いコーナーや警察のロードブロックの隙間探しなどに利用するのが基本です。
どちらもメーターが溜まっているだけ使用でき、使用していない状態で一定速度で走るとメーターが徐々に溜まっていきます。
特に警察に追われている状態でスピードブレイカーを使ってUターンするとかなりかっこいいです。


技術的な点ですが、さすがはEAの看板ソフトの一つだけあって非常に高いです。
グラフィックも綺麗で、夕焼けなどによるトーンマッピングなども行われています。
ゲーム中に雨になったりすることもあるのですが、カメラにつく水滴のエフェクトも綺麗で路面もきちんと濡れたような感じになります。
グラフィックの質は『バーンアウト』シリーズと似ていて、自然な感じはするもののちょっと暗めです。
おかげで隠しルートなどがわかりにくいのは玉に瑕です。
マップは街一つですが、フリーランで隅から隅まで移動してもほとんど読み込みを感じさせません。純粋に凄いと思います。
マップの広さは結構広いのですが、300キロくらいで走っていると狭く感じますね。


このゲームはPS2版も出ていますが、こちらも廉価版が出ているのでXbox360を持っていないならこちらでも楽しめると思います。
ですが、360を持っているならこちらの方が断然オススメ。美しさもフレームレートも段違いです。
体験版でも警察との追いかけっこが楽しめるので、それが楽しいと思ったのなら買って損はありません。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/28(火) 20:02:42|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならない。 レビュー

あんまり時間がなかったけどクリアできたので 『チェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならない。』 のレビューを。


このゲームはマニアックで難易度高めのゲームをいつも提供しているPlatineDispositif(紫雨飯店)のダンジョン探索型アクションゲームです。
最近のコナミのドラキュラシリーズっぽいやつ。
マップを行ったり来たりしていろいろなアイテム等を駆使してボスを倒したりマップを埋めたりするやつです。
難易度は高めですが、何度もやり直せば何とかクリアできる程度の難易度でもあります。
無理ゲーってことはないので、アクションが苦手で全くダメ、という人でなければ大丈夫ではないかと。


まずシナリオはいつもどおり。『ヒトガタハッパ』 と違ってコメディ方向ではありますが、意味がよくわからない、あってもなくても別に構わない程度です。
このサークルのこういうノリには微妙についていけないのですが、ゲーム部分が面白いので気にしない方向で。


音楽もいつもどおりって感じですね。悪くはないけど微妙に心に残らない。
ハッパの方が心に残っているのはハッパの方がプレイ時間が長いからでしょう。


ゲームモードは最初にBunny Must Die(BMD)モードのみが選択可能で、このモードをクリアすると(真のエンディングで?)Chelsea and 7 Devils(C7D)モードがプレイ可能になります。
BMDモードはウサギさん、C7Dモードはチェルシーさんが主人公になります。
モードによって操作は結構変化しますが、ジャケット内に書いてある操作方法はあくまでもBMDモードのみ。
そのため、C7Dモードはポーズメニューからマニュアルを見ることが出来るようになっています。
どうせならBMDモードも同じようにマニュアルが見れるようにしてくれていれば、とは思いますね。
BMDとC7Dでマップ構成はあんまり変わりません。一部のトラップの変化、隠し部屋の変化くらいですね。
敵の配置などもほぼ一緒なので、C7Dモードは結構楽が出来ます。
実際、BMDモードは250回くらいリトライしてますが、C7Dモードは70回程度でクリアしています。
レベルエディットも結構よく出来ていて、仕掛けを読み取り、解法を導き、それを実践するという流れが出来ています。
ただ、一部にはちょっと卑怯だったり解法がわかりにくいものもあることはあります。
特に蝋燭を壊すと暗くなる部屋は完全に真っ暗になってプレイヤーキャラの位置すらわからなくなるのは厳しいですね。
あの辺りはスイッチの効果もわかりにくい部分がありますし、もうちょっと考えて欲しかった部分でもあります。
また、Xbox360にある実績のようなものがあり、やりこみにも対応しています。かなり難しいので私はチャレンジしてませんが。


問題点を挙げるとするならば、やはりUIでしょう。
まず、単純に操作性が悪いです。
例えばジャンプの感覚が微妙におかしく、狙った位置に着地するのが存外難しいです。
個人的に困ったのはダッシュが暴発しやすいところ。
入力の受付時間が長いためではないかと思いますが、このおかげで何度も死んでます。
全体的に、独特の操作感と割り切ってしまうには厳しいものがあります。
体験版を遊んでその操作感を受け入れられなければ製品は遊ばない方が精神的にいいかもしれません。
ついでにいうと、使わなかったとはいえBMDモードのアイテムON/OFFがやりにくいです。
リアルタイム、かつ頻繁に行うわけではないと思うので、ポーズメニューででもできるようにしておけばよかったのではないかと思います。
取ってつけた感は否めませんね。


全体的にマニアックで、FCやSFCの頃のB級ゲームを彷彿とさせる作品になっています。
人によってはクソゲーだけど、はまる人はとことんはまるゲーム。
そんなB級ゲームを愛して止まない人なら十分楽しめるタイトルだと思います。

  1. 2006/11/17(金) 07:21:02|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームあれこれ

明日はPS3の発売日…のはずなんですが、盛り上がりに欠ける。
そもそも買えない人が多いので盛り上がれないというのもあるでしょうけど、興味がない人も結構多い。
うちの会社で一週間くらい前から、後少しですね、ってことを言ってるんですが、PS3の話が最初に出てきた人は0。全員が、何が?って聞いてきた。
一応ゲーム製作会社なんだから気にした方がいいのではないかと思うんですが、世間一般もこんなもんじゃないかと。
Wiiはもうちょっと盛り上がると嬉しいんですけどね。


昨日、ROM提出して早めに帰れたため、『デッドライジング』の∞モードをプレイ。
リアルに10時間くらいかかるらしいけど5日間生き延びればリアルレーザーブレードが手に入るので、それを目標に。
で、4日と19時間生き残ったところで食い物はワイン1本とミックスジュース1つ。
残り5時間を生き残れるかどうかぎりぎりの状態。不安なので生存者探しへ。
そしてマップ移動したときのローディング画面でフリーズ。
うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!
マジで泣きそうになりましたとさ。


360期待の新作といえばMSの『Gears of War』ですが、海外ではつい先日発売しました。
日本では1/18予定ですが、デッドラと同じように規制が入るそうです。
このゲーム、海外では予約だけで150万本行ったらしい。驚異的な数字ですね。
海外のレビューサイトでも高得点を出しまくってるらしく、現在私が最も注目している作品の1つです。
で、海外で発売されているってことは当然日本でも手に入るわけで、クロムで私が所属しているスカッドの隊長が買ってました。
曰く、グラフィックが凄い、難易度が高い、グロい。
デッドラにもグロい表現はあったわけですが、こっちはブラックジョークとして扱えるからそれほど気にならない。
しかしGoWはジョークにならないため、規制されるのも仕方ないとの意見。
まあ、確かに難しいところではありますね。
現在、日本語版を買う予定ではありますが、我慢できずにアジア版を買ってしまうかも。

  1. 2006/11/10(金) 21:25:59|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Squirrel おまけ

Squirrelの話は前回で終了しているのですが、おまけとして日本語を使用する方法を。


Squirrelは基本的にASCIIコードしか使用できません。
日本語の代表とも言えるSJISはその特殊性からSquirrelでは使用できません。
例えば


print("ソース")


という命令を実行してもらえばわかると思います。エラーが出るはずです。
SJISはASCIIコードの使用していない部分を利用して、この数値が入ってきたら2バイトで処理をする、という感じになっています。
つまり、その処理をきちんとしない限りSJISは使用できません。
しかし、日本のゲームでSquirrelを使用するつもりなら日本語は使用できないと困ります。
その方法は2つ。
1つはUNICODEを使用する方法。もう1つはソースをいじってSJISを使用できるようにすることです。


UNICODEを使用するのは簡単です。
Squirrelのヘッダファイルをインクルードする前に以下の文字列を定義するだけです。


#define UNICODE
#define _UNICODE


Squirrelは標準的にUNICODEが使用できるようになっています。
ただし、UNICODEを使用する場合はASCIIコードが使用できなくなります。
日本でだけ発売することが前提のゲームや同人ゲームならUNICODEでなくても問題ありませんが、日本、北米以外でも発売するようならUNICODEは有効です。
韓国やヨーロッパなどではUNICODEがあると便利だと思います。


もう1つのソースをいじってSJISを使用できるようにする方法ですが、これもそんなに難しくありません。
ソースの sqlexer.cpp の330行目に以下のような命令を追加します。


#ifndef SQUNICODE
    if(((CUR_CHAR >= 0x81) && (CUR_CHAR <= 0x9F))
        || ((CUR_CHAR >= 0xE0) && (CUR_CHAR <= 0xFF))){
            APPEND_CHAR(CUR_CHAR);
            NEXT();
    }
#endif


UNICODEが使用されている場合はこの部分の処理が行われないようにする必要があります。
要は、SJISの2バイトコードの範囲が入ってきたらその次の文字も利用するという感じになります。
これで少なくとも"ソース"という文字列は出力できるようになるはずです。


使う場面次第ですが、商業用のアプリでならUNICODE、同人などの趣味ならSJISでいいのではないかと思います。

  1. 2006/11/04(土) 22:29:32|
  2. プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

monsho

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。