もんしょの巣穴blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GDC07報告会の報告

タイムを競うことが基本のレースゲームはGT3のおかげでつまらないと思うようになってしまっています。
GT3はいくつかの車が欲しいという動機で遊んでいたわけですが、それが非常につらく苦しい道のりで。
しかもあのゲームは微妙な失敗でコンマ以下のタイムが変わってきて、結果失敗ってことが多い。
何とかがんばって車を手に入れたものの、少しテストコースを走らせて終了。何やってんだろう自分、って気分になったわけで。
そんなわけでGT3以降、普通にタイムを競うことがメインのレースゲームは買ってませんでした。
バーンアウトはクラッシュメイン、NFSは警察とのおっかけっこがメイン、マリオカートはレースの皮をかぶったアクションゲーム。
が、ついに解禁されるかもしれない。もちろん、『Forza2』だ。
シェルビーのGT500ですよ、先生!ViperGTSですよ!1969フェアレディZですよ!
…でも、ゲーム内クレジット稼ぐの面倒そうなんだよなぁ。迷う。


先週の土曜日にGDC07報告会に行ってきました。
個人参加だったんですが、なぜか後輩も参加してた。いきなり話しかけられてびびる。
懇親会での話はオフレコなことが多かったのでここでは書けませんが、報告会の方は軽く報告しておこうかと。
行った人の共通見解としては、GDCは大きくなりすぎて全貌を把握できないということ。
あと、ハズレが増えたということ。ハズレというのは聴いてもつまらない講演のことね。
行くことには十分価値があるとのことですが、かなり疲れるので年を取ってるときついとか。
拡大しているのでテーマも判然としないようで、各個人でテーマは違ってきていますね。
新さんの話では、これからは各テーマごとにGDC以外のカンファレンスが増えていくのではないかとのこと。すでにその兆候もあるようです。
プログラムに関する話は少々減ってるみたい。代わりにビジネス関係やゲーム開発手法等が増えているようだ。
海外の日本人スピーカに対する期待もどちらかというとゲーム開発手法や考え方に向かっているらしい。
よく出てきた開発手法はアジャイル開発。林さんのレア社の話でも出てきたし、GoWを作ったクリフ・Bもアジャイル開発でやったとか。
短い期間で小さいものを作り、レビューし、作り直す、を繰り返すアジャイル開発は大規模なプロジェクトでもリスク回避に役立つようです。
PS3の開発話もあんまりなかったらしい。360に関してはポストモーテムがいくつかあったようですが。
Wiiはかなり話題がない。単純なスペックはGCに毛が生えたくらいだから仕方ないけど、コントローラはもっと話があってもいいようなもの。
どうやら、ボタン代わりにモーションセンサを使うのはそんなに難しいことじゃないらしい。
やってみたら普通に出来ちゃった。だから話すことがない。そんな感じらしい。
各講演者の話すGDCの講演についての内容はほとんどがすでに日本で記事になっているものなので、そこまで有用という感じではなかったですね。
ただ、それ以外の話は面白く、興味深い話も多かったです。
やはり開発費の高騰は問題で、新さん曰く、20億なんてバブルはそのうちはじけるでしょう、とのこと。
海外でもPCやXBLAのカジュアルゲームがかなり受けてきてるようで、結構利益も出てるらしい。
日本ではDS一強って感じですが、海外もそのうちそれに近い形になるかも。
その前に何とかできるかどうかは…個人的には微妙だと思う。
PS3についてはやっぱり『Home』の話が出てましたが、『SecondLife』も含めて、日本では受けないんじゃないかという意見が多かったです。
技術的には高いということ、そしてその試みは評価されていますが、それがPS3の購入を促進するのは難しそう。
特に『SecondLife』はエロゲーだから、と言われてましたね。話を聞くと結構すごいようだ。
まあ、実態がきちんと紹介されておらず、報道ばかりが先行している今の状態ではうまくいかなくても不思議じゃない気はします。
XBLAは海外ではそれなりに受けるようになってきたけど、日本人から見ると微妙なゲームが多いよね、なんて話もありました。
遊んでみると面白いんですが、確かに見た目微妙なのが多いですね。『斑鳩』が出ればもう少し流行ってくれたりは…しないかな、やっぱり。


私が持っているゲーム業界に対する不安を払拭してくれる内容ではなかったものの、面白い話は十分聞けたので満足でした。

スポンサーサイト
  1. 2007/03/27(火) 21:14:16|
  2. プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徒然

ブログ書くのも久しぶり。
コメントとかあったんですが、返信してなくて申し訳ないです。
なんというか、いろいろ仕事に関して不安ばっかりで精神的にきつい日々が続いているわけですよ。
ある程度動き始めてしまえば不安がどうといっても最終的には終わるんですが(結果は知らないが)、まだきちんと動き始めてないから…。
こういうときの不安はほんとに押しつぶされそうになる。しかもある程度大きな責任も負わなきゃいけない感じだし。
なにより、自分がプログラマとしてやっていける自信をちょっと失いかけてるのが問題。
はっきり言って、私はプログラマとして出来ないほうなので、やっぱり出来る人の下で働きたいってのがある。
それはそれでへこむんでしょうけど、いい経験にはなるはず。
私に足りないのは圧倒的に経験、それと知識。
今の会社で働いていてそういうものを得られるのだろうか…。


で、今は『プログラミング作法』という本を読んでます。
半分くらい読んだのですが、極めてプログラマとして基本的なことが書いてある。
つまり、当たり前のようにやっているべきことが網羅とまでは言わないのですが書いてあるわけです。
読んでると納得できるんですが、じゃあ自分を振り返ってみると実践できてないことの多いこと。
他人が使うことを考慮に入れたデバッグ出力とか、コメントのつけ方とか。
そんな中で感銘を受けたのが2箇所。1箇所は引用ですが。
1つはデータ構造が決まればアルゴリズムはついてくる。だからデータ構造をしっかりと、という話。
今やってるのがまさにそこで、アルゴリズムを考えるとデータ構造はどうしたら…と悩んでいたわけです。
アルゴリズム主導ではなく、データ構造を主導にするほうがよいのでしょう、多分。
もう1つは『人月の神話』で有名なBrooks氏の言葉で、プロトタイプについて、”捨てるつもりでいること。どうせ捨てることになるのだから。”というもの。
今やっているのもプロトタイプ開発で、すでに1回目の作り直しをしている最中だったりします。
こんなことしてて終わるのかとか不安になっていたんですが、最初のうちはこんなもんなんだなとちょっと心が軽くなりました。
まあ、ずっとこうでは困るんでしょうけどね。でも、今のうちはこんな感じで進めたほうがいいのかも。
でも、達人プログラマの仕事ってのも見てみたい。彼らは私が想像できないくらいにすごいんだろうなぁ…。


話は変わってDMC4が結局360でも出るらしい。
当初は出さないみたいなことを言ってましたが、やっぱりこうなるよね。
とは言っても私は買う予定ないですが。DMC1,2でもういいやって思ったから。
が、うれしかったのは面白いほうのAC(エースコンバットのことね)が360で出ること。
持っててよかった360、とは言わないけれど、これでネット対戦やCOOPが簡単に出来るとなると期待せずにはいられない。
海外ではそれなりに売れているし、あとはハードの安定性が高まれば最高なんですけどね。

  1. 2007/03/21(水) 18:06:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。