もんしょの巣穴blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バトルフィールド:バッドカンパニー レビュー

ついにきました『Diablo3』。噂には聞いていたけど、マジだったとは!
もちろん買いますが、いつになるんだろうねぇ…。今年中は無理だと思うけど、来年には是非。

加えて『東方地霊殿』の体験版もきました。
毎度の事ながら妙に耳に残る音楽です。そういうところが好き。
ゲームも前作と比べて霊撃のコストが高く、ボムゲーになってないところが好感が持てます。
ただ、難易度が高い!いくつかのキャラではいまだに3面までクリアできない!
最終的には簡単になるんでしょうけど、今までより少し歯ごたえがあるくらいに調整してくれると嬉しいかな。

本題。体験版が面白かったので『バトルフィールド:バッドカンパニー』を買いました。
今回はDICEとしてはオフがそれなりに面白かったです。まあ、レベルデザイン等に問題もありますが。

では、オフからレビュー。
シナリオは戦争ものというより、戦場でのバカコントムービーっぽい感じ。
主人公は何かの犯罪をやらかして、刑務所に入れられる代わりにバッドカンパニーという小隊に入れられることになっています。
小隊といっても主人公含めて4人だけ。この人数だと分隊?
彼らは戦場でエリート傭兵部隊の金塊を見つけてしまい、これを奪うために軍規に違反する行動を取り続けます。
最終的にうまくいくのかは…まあ見てのお楽しみということで。
キャラが非常に生き生きとしていて、彼らのやり取りは見ていて楽しいです。
カットシーンも短めで、ゲームのテンポは悪くないです。
ただ、マップが広いため、何らかの理由で乗り物を失ってしまった場合などはかなり長距離のダッシュを強いられます。
また、死亡した場合は最終セーブ場所から再開なのですが、敵や乗り物は死ぬ直前の状態になります。
つまり、倒した敵はすでに出てこないし、乗り物も復活しません。
もし、乗り物で遠くまで行軍して死んだりすると悲惨です。戦車がやられた場合などはかなり絶望的な状態になるかもしれません。
また、カットシーンも3人称カメラと1人称カメラがあり、1人称カメラの時は動けないけど注視点だけは移動できる状態になります。
が、このシーンに入る際、そしてこのシーンから出る際に必ずフェードアウトします。これは結構萎える。
しかし、最大の問題はAIでしょう。とにかくバカ。
迫撃砲がすぐ近くの建物を破壊しても、敵はダメージを受けない限り気づきません。銃声には反応しますが。
味方もバカ。車の運転もしてくれないし、銃座を任せても当ててくれない。不死身の癖にこっちが前に出ても後ろで待機するし。
このバカAIに関しては結構イラつきます。DICEの次の課題はそこではないかと。

オンはまだ少ししかやってません。マップも全て回ったわけではないので、詳しいレビューは控えます。
ただ、体験版の経験値が引き継がれませんでした。何で?
また、たまにゲームが見つからないといって参加できません。何で?
ラグは初期体験版よりひどくはないのですが、後期体験版よりあるかな。
レイプもよく発生するけど、それが快感になったらはまってる証拠です。すでにはまってるので結構快感。

まあ、体験版が面白かった人なら迷わず買ってOKだと思います。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 21:52:48|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私とメタルギア

現在、某ゲーム機で描画エンジン作成中。
仕事で使う(可能性のある)描画エンジンを作成するのは今回が初めて。
MSYSTEMは出来が悪いし、その前に結局使わなかった中途半端な某ゲーム機用描画エンジンしか作ったことがない。
が、某ゲームエンジンを研究したおかげで、どういう設計をすればユーザが扱いやすいかがなんとなくわかってそれなりに進んではいます。
しかしながら、やはり高速化には苦労させられます。基本的に苦手なんですよね、高速化。
しかもピクセルフィルが予想以上に遅い。っていうか、他のメーカーはどうやって速度だしてんだろう?

話は変わって、コメントにMGS4はやってないのかという質問がありました。
やってません。理由はいくつかありますが、PS3を持っていないのとMGS自体に飽きてしまったのが大きいです。
『侍道3』のためならPS3も買えるかも知れませんが(といっても買う予定ないですが)、MGSのためには買えません。
と、こういうことを書くとアンチと思われかねないので、ちょっと自分のメタルギアに対する思いを書いてみる。
初めてメタルギアを遊んだのはファミコンの『メタルギア』でした。
ただ、このソフトは友人が中古で買ったもので、箱・説明書なしでした。そのため、友人と頭を悩ませて、それでも全く先に進めずに売ってしまいました。
当時はもちろんあんなシステムのゲームは珍しく、小学生だった(と思う)我々には難しすぎました。
メタルギアのシステムを理解して遊んだのはMSXの『メタルギア2 ソリッド・スネーク』でした。これはほんとにはまった。3,4回クリアしてるはず。
ストーリー、キャラクタ、各種の仕掛け、ステルスという今までに遊んだことのないシステムと中学生だった私には新鮮でした。あの頃は中二病だったから特に。
その後、再び中古でMG1を手に入れて、今度はクリアしました。2でだいぶ慣れてましたので。
その次は当然『メタルギアソリッド』です。MG2が大好きだった人間としては嬉しくてしょうがなかったです。
これもいいゲームでした。キャラクタもよかったし、ストーリーも最後がお茶を濁しすぎだと感じたくらいでおおむね良好。3D化もうまくいっていると感じました。
特に感心したのはムービーシーンでのキャラクタの振る舞い。きちんと演技がされていて、ただ綺麗なだけのムービーとは一線を画していました。カメラワークもかっこよかったし。
その後、待ちに待っていた『メタルギアソリッド2』の発売。しかし、どうもここから私が望んでいたメタルギアから離れていったように感じました。
その頃すでにムービーの長いゲームに飽きてきたところで、そんな状況であの長さのムービーを見せられるのは結構苦痛でした。それでも我慢できたのはゲーム部分が面白かったからでしょう。
ただ、後半に進むにつれ、苦痛は増していきました。登場人物の多くが好きになれなかったというのもあるでしょう。
サブスタンスも買うには買いましたが、結局ほとんどやらずに売ってしまった記憶があります。
飽きたことを実感したのは『メタルギアソリッド3』でした。面白くないわけじゃないのに、どうしてものめりこめない。
なにより、レーダーがないことでかなりストレスも溜まるし、キャラクタはやっぱり好きになれないし(ザ・ボスとオセロットだけが心の拠り所でしたね)。
結局2週目途中でやめたような記憶があります。サブシスタンスも買おうかと思っていて結局買ってないし。
『メタルギアソリッド4』はTGSで遊んだのですが、やっぱりのめりこめない。ムービーに入ると妙にいやな気分になるし。
メタルギアシリーズのムービーのダメな点は1人の人間に色々喋らせようとするところだと思います。とにかく話が長い。校長先生も真っ青なくらい。
その間を埋めるため、実写映像が入ったりイメージみたいなものが挿入されたりするのももう飽きた。
例えば、1人に喋らせるにしても、その間自分も動くことができて、周りにある情報を補強するものを観察できるようにするとかでもいいんじゃないのか?とも思います。
とにかく、カットシーンは減らして欲しい。CoD4のような表現でも臨場感は十分出せるし。

そんなわけで遊んでいませんし、もしXbox360で発売されても買わないと思います。
好きなシリーズだっただけに、飽きたのは残念でしょうがないですが、仕方ないことでもあります。

  1. 2008/06/27(金) 21:46:28|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりにレビューでも

2ヶ月以上放置余裕でした。
すっかり忘れてたね。プログラムの話より更新してないってどういうことだ。
まあ、放置してた間に色々ゲームやってたのでそのレビューでも。

5月頭に買ったのが『GTA4』。すでに世界で1000万本売ってるらしい。すげぇ。
開発費は1億ドルらしい。すげぇ。
ゲームとしてはGTAです。これといった変化はありません。
私が最後にやったのは『GTA3』なのでやれることは増えてましたが、ゲームプレイ感覚はGTAそのまま。
なので、GTAシリーズに飽きちゃった人には用がないゲームかもしれませんが、いろいろよくできているので興味がある人は是非。
グラフィックについて言及されることが多いのですが、個人的に感心したのはイベントカットシーン全般。
まず、カットシーンは1つ1つがそれほど長くありません。1つの仕事の中でもカットシーンは複数あり、その間にプレイできる時間がそれなりにあります。
なにより、色々な決断をユーザが実行するようになっています。たとえそれが一本道でも。
例えば、序盤でロシアンマフィアのVladを殺すミッションがあるのですが、追い詰めた後にカットシーンがあり、その後Vladを殺す前にプレイヤーに操作が戻ってきます。
プレイヤーのやることは引き金を引くこと。これしかできないのですが、プレイヤーの決断がゲームを進めているようには感じられます。
こういうところをカットシーンでそのまま進めてしまうのと、プレイヤーに操作を戻すのではゲーム世界への没入間が変わるのではないでしょうか。CODシリーズとかもそんな感じだし。
また、カットシーンはどれもセンスがあります。ハリウッドのクライムアクションっぽさが感じられます。
この辺は『GTA3』からかなり進化していると感じた部分です。
ただ、マルチはあんまり面白くないかな。友人と馬鹿話しながら遊ぶと面白いかもしれませんが。

5月末に買ったのが同人ゲームの『東方緋想天』。弾幕アクション第2弾。
個人的には前作より好きです。前作は速すぎてついていけなかったから。
たまにネット対戦もやってます。Easyスレで。弱いから仕方ない。頑張ってNormalスレに進みたいところ。
ちなみに、持ちキャラは咲夜さん、ぱっちぇさん、衣玖さん。うしろ2人がオワタ四天王だけど気にしない!
天候システムは賛否両論ですが、個人的にはあり。
ただ、一部の天候についてはやっぱりちょっとね。台風とか花曇とか。台風は荒れすぎる。
やはり各天候についてON/OFF機能は欲しい。
面白いと思ったのはシナリオモード。よくある格闘ゲームのように平行世界ってわけではないんですね。
それぞれのキャラは1つの時間軸の中で動いてる。そのため、選んだキャラによってゲーム内の時間はバラバラ。戦う相手も、ラスボスも、戦う回数ですらバラバラです。
若干矛盾もありそうですが、時間軸を考えながら遊んでみるとなかなか面白いですね。

つい最近買ったのが『NINJA GAIDEN2』。あの問題作。
一応強者の道(Normal)はクリアしました。100回近く死にましたが。
っていうか、難しすぎ。ちょっと触った程度の人間ではクリアできないっていうか、それなりに触った人でもクリアできるかどうか微妙です。
忍の道(Easy)でもかなりきつい。買った人間の何%がクリアできるんだろう?
確かに慣れてくれば面白いですが、慣れる前に投げる人が間違いなくいるでしょう。まるで弾幕STGのようだ。
さすがに悟りの道とかやる気にならない。しばらくは忍の道で修行でも使用かと。

最近よく遊んでるのが『BattleField:BadCompany』のデモ。
シングルはそれほど面白くないですが、マルチは楽しい。だらだら遊べるところがBFシリーズらしくて好き。
難点は右スティックでのエイム挙動。妙にエイムしにくい。『BIOSHOCK』もこんな感じだったか。
多分、加速がないからだと思います。遅く動かしたいならスティックを軽く倒せ、ってことなんでしょうけど、結構難しいですね。
マウスで遊ぶ時も加速はつけるようにしているので、加速がない(もしくは感じられない)操作感覚はきつい。
『Halo3』とか『COD4』とか見習って欲しい。

と、こんなところで。
他にも体験版含めて遊んだものもあるのですが、これといって語ることがなかったり否定的な意見しか出てこないようなものなので割愛。
どれとは言わないよ。どれとは。

  1. 2008/06/17(火) 22:01:28|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。