もんしょの巣穴blog

3DTVって流行るのか?

少し前に映画のアバターを見てきたのはTwitterでも書きました。
ストーリーはそれほど面白くはなかったものの、プロットは悪くなかったし全体的に面白かったです。
しかし、この映画の最も重要な点は3D映画だと言うこと。
いわゆる立体視というやつですが、今年のCESでも立体視対応のTVがかなり出ていたみたいですね。
HDTVの売り上げもそろそろ伸び悩んできたところで、次は3Dだ!というわけです。

個人的な意見ですが、去年までこれからはHDTV!とか言っておきながら、
今年に入ってこれからは3Dとか言い出すのはユーザをなめてるんじゃないかと感じます。
そりゃ、家電各社も売り上げを伸ばしていかなければいけないのは承知しています。
とはいえ、去年の終わり頃に新しいTVを買った人とかからすると、ふざけんなって気持ちにもなるんじゃないでしょうか。
それはTVに限ったことではないんですが、しかし、この機能がないと見られないコンテンツがあるってのはどうよ?

それとは別に、どうも3DTVが売れるとは思えないんですよね。
確かにアバターはすごかった。まるで映画の中に入ったみたい、という感想も聞こえてきます。
個人的にはそこまですごくはなかったです。
立体であることはよかったと思いますが、慣れてしまったら感動は薄い。
それでもペナルティがないのであれば3Dの方がいいんですが、残念ながらペナルティ付き。
眼鏡は普段かけていないから耳が痛くなるし、疲れて首が少し傾くともう2重に見える部分が出てきます。
普段の何気ない生活をしながらTVを見るのが普通なのに、これらの制約は非常に大きな問題でしょう。
加えて眼鏡は各社で規格が微妙に違ってきているので、来客のことを考慮した分の眼鏡を用意する必要が出てきます。

ゲームに関してはSonyが全社を上げて3Dに取り組むらしいですが、うまくいくとは思えません。
主な理由は上記のものですが、立体視の原理上、画面を2回描画する必要があると思われます。
そんなに描画に余裕がないPS3ではいろいろと不便な部分が出てくると思います。
何もしないで今のようなゲーム市場の状況を招くよりはいいのかもしれませんが、きっと流行らないよねぇ…。

眼鏡なしの3Dもできるはずなんですが、TVではほとんどないですね。
何らかの技術的な問題があるのかもしれませんが、眼鏡でやっていると成功できないと思います。

スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 20:57:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

monsho

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する