もんしょの巣穴blog

E3雑感

Windows7をインストールしましたが、DirectX11のサンプルをちょっと動かしただけ。
DX11のサンプルは1FPSすら出ませんでした。所詮、SM2.0のボードです。
古いノートにインストールしたんですが、動作はそんなに重くなかったです。
ただ、常時ゆるくGPUファンが回る状態になってました。
DX使ったときのフル回転ほどではないものの、バッテリーはすぐになくなりそうです。

さて、E3も終わりましたが、皆さんはどう感じたでしょうか?
個人的にはそれなりに楽しかったです。すごい盛り上がったわけでもないですが。
ハード面ではやはりNatalが興味深かったですね。
精度が十分高いのであれば欲しいですが、Windowsで使用できてしかもSDK付きなら間違いなく買う。
SCEのモーションコントローラは現実的な技術だとは思うのですが、面白みに欠けますね。
一番の問題は、プレゼンが技術デモ程度でしかなかったことでしょうか。
十分商品になりうるデモならもっと興味を持たれるはずなんですがねぇ。
ソフト面ではずっと待ってたスプリンターセルがいい感じで出てきたのがよかったです。
スニークアクションながら非常にスピーディで、何よりかっこいい。
ただ、最近のUBIは微妙なゲームが多いのが難点なんですよね。
L4D2で驚いたのは発売日。Valveなのに前作から1年で発売とか、何があったんだ?
グラフィックが一番きれいだったのはアンチャーテッド2ですね。
ほかに、これは!という特徴を持ったグラフィックのゲームがないってのもありますが。
今年のホリデーシーズンをどうこう言うなら、MSが強そうです。
SCEはPSPGoでどうにかなるとは思ってないでしょうが、それにしてもものがなさ過ぎる。
北米ではマルチソフトはXbox360の方が強いし、このままホリデーシーズン突入は厳しいでしょう。
任天堂は順当にソフトを出してきたな、という印象。
しかし、血圧計はE3で発表するようなものなのだろうか?
あれをゲームに生かす術が見つからない。ポリグラフ代わりにして詐欺師養成ゲームとか?
任天堂のソフト群は、売れると思うし面白そうなんですが、どうも食指が動かない。
やっぱりハードも買わなきゃいけないってのが最大のネックですね。

個人的な注目作品はスプリンターセルとジャストコーズ2ですね。
もちろん、ほかにも買う予定のソフトは多いですが(ODSTとかMW2とか)、あえて選ぶとしたらこの2本です。
逆に期待が持てなくなったのはアサシンクリード2です。
やっぱり暗殺対象の目前に突っ込んで暗殺か…。ソーシャルステルスの意味があるんだろうか?
これならシーフ4に期待しておいたほうがいいかもしれない。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/07(日) 22:38:10|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<哀悼 三沢光晴 | ホーム | ちょっと連絡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monsho.blog63.fc2.com/tb.php/103-d62acaa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

monsho

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する