もんしょの巣穴blog

PS3価格発表

さて、既に発表があって多くの人が知っているであろうPS3の価格。

PS3は初期で2種類。HDD20GBバージョンとHDD60GBバージョン。
前者は59800円(税別)。後者はオープンプライス。
とりあえず前者の価格をメインに発表していますが、これが一つの落とし穴。
前者はHDMIがないなど、HDDの容量が少ないというだけではありません。
SONYとしてはこちらはPS3の廉価版で、60GBが通常版という考え方だと思われます。
PSPも2種類出していましたが、これに近い考え方と思われます。
最終的に60GB版は廉価版より1?1.5万円ほど上がるものと思われます。
アメリカでは499ドルと599ドル。これだと差は1.1万円くらい。
ヨーロッパでは499ユーロと599ユーロ。これだと差は1.4万円くらい。

このような価格設定は、カラクリがわかる人にとっては騙されるレベルではありませんが、あまり知識がない人なら結構騙されやすいのではないかと思います。
つまり、廉価版の方を見て”思ったより安い”と思う人がいる、ということです。
ちなみに、友人の一人がそんな感じのメール送ってきました。買っちゃうかも、とか。
突っ込みいれたら様子見に変更されました。そんなもんです。

価格設定について妥当かというと、スペックを見た限りでは頑張っている方ではないかと考えています。
しかし、評価できるかといえばまったく評価できません。はっきり言って中途半端です。
税込み6万円を超える(通常版は7万円を確実に超える)はゲーム機としては高すぎです。
ではBDプレイヤとしてはどうかというと、これもまた微妙です。特に機能面で。
正直なところ、もっと価格は高くてもいいので、前回発表の仕様を維持し、ついでにHDDレコーダ機能が付いていれば買っていた人は増えたと思います。
特に現在VHSを使っている人々が買った可能性があります。
この際、HDDの容量がより大きければ(最低160GB)普及の見込みもあったのではないかと思います。

ゲームの魅力に関してですが、Xbox360とのクロスプラットフォームのゲームが増えている状態ではアドバンテージは薄いのではないかと思います。
コントローラの傾きセンサについてもWiiのコントローラが評価されたから急遽無理矢理付けた感があります。
そもそも、ボタン数が多すぎて直感的でないPSコントローラに無理矢理直感的な操作を持ち込もうとしてもわやくちゃになりそうな気がするのですが。
この辺については実際にやってみないとわからない部分ですが。でも、個人的にはあんまり遊びたくないなぁ…。

この後、任天堂とMSのカンファレンスがありますが、任天堂はWiiを2万円台(2.5万円以内)に抑えてくると予想できます。
2.5万でコントローラが2つついてくるならお買い得な値段だと思います。
MSはXbox360の値段を下げてくるのではないかと予想しています。1万円くらいが妥当か?
ついでにHD-DVDドライブの発表もするのではないでしょうか。
日本では売れていないXbox360ですが、海外では十分売れているらしく、MSのゲーム部門は大幅増収増益らしい。
この機に上手く日本で普及させることが出来ればSONYからシェアを奪うことは可能でしょう。

私としては、BDの方がHD-DVDより普及してくれることを望んでいます。
最大の理由は口に出すにしてもネットなどで表記するにしてもBDの方が楽だから。
が、やはりSONYだからねぇ…ベータとかATRAC3とか…。
ちなみに、最初に言っているような高額商品にしたとしても私は買いません。BDは様子見、HDDレコーダは持ってる。
なんにしても現段階では様子見です。HALO3が出たらXbox360は買います。Wiiは多分普通に買います。

スポンサーサイト
  1. 2006/05/09(火) 22:33:24|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<据え置きゲーム機 | ホーム | 道志?山中湖ツーリング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monsho.blog63.fc2.com/tb.php/11-ff9eddd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

monsho

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する