もんしょの巣穴blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[SD] Substance Player

今日知った小ネタ。

Substance Playerというツールが有ります。
SubstanceマテリアルをViewingするためのツールなのですが、こちらから無料でDLすることが出来ます。

https://www.allegorithmic.com/download/download_free/6

このツールは.sbs, .sbsarを開くことが可能で、パラメータを変更することも可能です。
ただし保存はできません。パラメータを調整して保存する機能はありません。
もちろん、.sbsファイルのノードを変更することも出来ません。

しかし画像データとしてエクスポートは出来ます。
ライセンス的に問題がないSubstanceマテリアルであれば無料でテクスチャ画像が取得できるわけです。

さて、ここからが本題。
Substance DesignerではパラメータやPixel Processorの変数として時間を取得することが出来たりします。
[Get Float]ノードを関数内に配置し、プルダウンメニューから"$time"を選択するだけです。
しかしこの時間、SD上では確認する術はありません(少なくとも自分は見つけられませんでした)。
しかし、Substance Playerなら確認可能なのです。

そこで今回はいわゆるFlowMapを確認するためのSubstanceマテリアルを作成してみました。
以下からDLできるようにしています。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/39588440/Substance/FlowMap.sbs

マテリアルの中身はこんな感じ。

sd140.jpg

下のPixelProcessorの中身はこんな感じです。

sd141.jpg

仕組みとしてはほんとに単純なFlowMapです。
入力画像とFlowMapは外部から与えることも可能ですが、デフォルトでは入力画像はチェッカー、FlowMapは回転するようにPixelProcessorで作成したものです。

では、これをSubstance Playerで読み込んでみます。

sd142.jpg

Substance Playerはこのようになっています。B2Mっぽい見た目ですね。
右側がパラメータで、入力画像とFlowMapは外部から読み込むことも出来ます。

下の方を見てください。
タイムラインと書かれている部分があるのがわかりますね?
この一番左の再生ボタンを押すと"$time"変数がタイムラインにそって変更されます。
これがPixelProcessorで使用されているので、FlowMapが正しく動くことになります。

また、テクスチャエクスポート時にタイムラインに沿って出力することが可能です。

sd143.jpg

[ビットマップでエクスポート]ボタンを押すとこのWindowが表示されます。
上の赤枠部分が時間に関するパラメータで、時間単位、開始・終了フレーム、FPSを指定することが出来ます。
これを利用することでプロシージャルなフリップブックアニメーションを作成することも出来るでしょう。

というわけで小ネタでした。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/30(月) 23:31:58|
  2. Substance Designer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[UE4] Weighted Blended OITの実装 | ホーム | [SD] 配置系ノードについて調べてみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monsho.blog63.fc2.com/tb.php/204-b8484dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

monsho

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。