もんしょの巣穴blog

デモのレビュー

夏休みは今日までなので、今日はお休み。
昨日は会議があったので(夏休みなのに)出社。
出社前にGアースレッドを焚いて、帰ってきてから換気扇を回して一旦外に。
換気待ちしていると、どうもドアの蝶番辺りに大きな黒いものを発見。
やつです。黒い悪魔です。ドアの隙間から中に入ろうと頑張っています。
とはいえ、ドアを開けない限り隙間からは入れないはず。しかしこのまま放っておくわけにもいかない。
ドアをすばやく開け、玄関においてあるGJPをゲット。中から噴射し、外に逃げたところを数回噴射。
もがいていたものの最後には死亡。ざまあみろ。
ほんとに外から入ってくるんだな、と思いました。


さて、Xbox360の良い点といえば、無料で体験版がDLできるところでしょう。
そこで、気に入った2つのデモをレビュー。
まず、北米タグでなければDLできない『デッドライジング』。
カプコンのゾンビを殺しまくるゲームですが、『バイオハザード』よりギャグっぽい感じのゲームです。
とにかくゾンビの数が多い。画面の奥の方まで大量にいる。
これを倒す武器は山のようにあります。ゾンビが持っているものもあれば、その辺の売り物まで。
例えばナイフや包丁といった威力の高いものもありますが、水鉄砲のように攻撃能力がほとんどないものもあります。
服や帽子なども置いてあるものを装備することが出来ます。中には子供服やロックマンのヘルメットなどの笑えるものもあります。
お気に入りは買い物カート。まるで子供のように爆走してゾンビを吹っ飛ばせます。威力はそれほどでもないようですが。
とにかくアホみたいなゲームですが、首を切ったりすることも出来るので残酷表現はかなりのものです。
残酷表現をお笑いで薄めてる感はあるので、子供には絶対に遊ばせるべきではないゲームだと思います。
分別ある大人にはストレス発散になるいいゲームだと思いますが。


もう1つは『セイント・ロウ』。GTAのカラーギャングバージョンと言っていいかと思います。
日本タグでも落とせますが、中身は英語です。
英語がわからなくてもデモに関してはアイコン等で指示が出るので問題なく遊べると思います。
日本で発売されるかどうかはわかりませんが、期待はしておこうと思います。
主人公はカラーギャングの抗争に巻き込まれ、殺されそうになったところを紫のギャングに助けられます。
リーダーの男気に惚れたのか、主人公は紫のギャングに入って指示通りに任務をこなします。
任務をクリアしていけばそのうちデモは終了となりますが、任務を達成しなければかなりいろいろなことが出来ます。
移動可能場所はデモなので限られていますが、製品版はもっと広くなるものと思われます。
そこらへん歩いてる人を殺したり、車で轢いたりしてもいいし、警官とやりあうのもありです。
操作は簡単ですが、これといった説明がないので画面情報の見方がわかりません。
GTAもそうですが、車で走ってるだけでも結構楽しいです。
また、Havokを使っているため、車や人の動作が物理計算しています。
例えば車で他の車と正面衝突すると、相手の車の運転手がフロントガラスを突き破って吹っ飛んだりします。
自分はそうなったりしませんが、走っている最中に車から降りようとするとドアを開けて飛び出します。
車はそのまま走っていくので、車を人に突っ込ませるなどが可能です。
製品ではどこまでできるのかわかりませんが、デモは期待できる内容だと思います。

スポンサーサイト
  1. 2006/08/16(水) 19:59:13|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<入院 | ホーム | グローバルIPを取得する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monsho.blog63.fc2.com/tb.php/34-3806040f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

monsho

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する