もんしょの巣穴blog

神業 レビュー

今週はWiiの発表があるそうなので、今からワクテカしています。
発売日、価格、ロンチタイトルくらいは発表されるでしょうし。
TGSの方は無理。仕事忙しい。
他の人の情報を待とう。


先週は忙しくて、終電、終電、泊まり、泊まりで金曜日の夜に帰ってきました。
帰ってきたら『デッドライジング』が届いてた。Amazonからの荷物の不在通知も入ってた。
で、土日は休んでAmazonから届いた『神業』を中心に遊んでました。
エンディングを一つ見たので、この段階でレビューをしようかと思います。


体験会のレビューでも語ったように、操作性はあんまりよろしくないです。
普通に移動する分にはいいのですが、毎度のことながらカメラが操作しにくい。
見たいところをしっかり見れないのも×。まあ、アクワイアだといつものことですが。


主人公は義賊・銀鴉衆の新人盗賊。
しかし、初仕事の場で仲間が家人を殺しているのを見て、その家の娘を連れて逃亡する。
10年後、娘は病に倒れ、治療をするためのお金を泥棒で稼ぐことになる、という話です。
時代劇なんかではよく見かける設定で、話の流れも基本に忠実です。
安心して遊べるという利点はありますが、マンネリが嫌いな人にはつらいかもしれません。
ただ、どんな方向に話を進めるかはプレイヤーの行動次第です。
娘を助けるために問答無用で盗みまくるか、金持ちから盗んで民衆に施すかetc…。
ある程度イベントを進めた時、どのような行動を取ってきたかがストーリーを分岐させるようです。
今のところ、エンディングは1つしか見ていないのですが、悪くはないと思います。


システムは少々複雑ながら、ゲームらしい面白さがあって、これまた非常にアクワイアらしいです。
盗む行動は□ボタンでほぼ全て片付きます。
いくつかの技はあるものの、□ボタンを連打すれば置いてある物も人の懐の中身も盗めます。
ただ、普通に連打してるだけではすぐに見つかってしまうので、より見つからないようにするために様々なステルス行動を取ります。
これもほとんどR1ボタンで解決でき、このシステムはワンボタンステルスと呼ばれています。
R1ボタンは忍び足も出来ますが、壁に向かって押すと壁に張り付き、段差で使うと寝そべって階段に張り付きます。
また、人に見つかった瞬間から少しの間は画面がぶれて時間の進みがゆっくりになります。
この間にR1ボタンを押すとジャストステルスとなって、残像を残して移動することができます。
ジャストステルスには赤と青があり、R1ボタンを押すのが速いと青に、遅いと赤になります。
赤の場合は青と違って少しばかり気配が残りますが、逃げる分にはあまり関係ありません。
もう一つの違いは素敵ポイントで、赤は100点、青は200点です。
連続でジャストステルスを成功させると素敵ポイントがどんどん加算されます。
そして、この状態で盗みを成功させると素敵スティールとなり、色々といいことがあります。
まず、この状態ではどんなに難しいものでも一発で盗めるようになります。
また、盗んだものにはそれぞれ価値があるのですが、その価値が上がります。
この上体で開けられる鍵を調べると鍵開けゲーム(?)をやらなくても勝手に鍵が開きます。
最終的に素敵ポイント×盗んだ物の数分だけのポイントを取得することが出来ます。
なお、このポイントは技を覚えるのに必要になります。
素敵スティールを物が多い場所でやるとかなり気持ちがいいです。
見つかっても逃げやすいし、人相書きさえ似なければあんまりペナルティにならないので、積極的に狙っていくのが吉です。
盗みを働く時の変装も重要で、手ぬぐいの種類、手ぬぐいの結び方によって隠密性が変わります。
変装は攻撃を受けていると外れてしまい、外れると素顔で盗みを働くことになるので人相書きが似やすくなります。
変装していても目撃者が増えれば増えるほど人相書きが似てきて、極限まで似ている状態で自宅に戻ると火付盗賊改に捕まってゲームオーバーとなります。
ただ、自宅で捕まらなければ牢獄に入れられるだけでゲームオーバーになりません。
牢獄に入れられた場合、罪に応じた刑期を終えるか脱獄するかの選択になります。
結構複雑な場所なので脱獄はそれなりに大変です。
盗んだものは換金するか民箱に入れるかすることが出来ます。
換金するとお金は自分のものになります。娘の薬を買ってもよし、元締めに貢いでもよし。
民箱に入れると民に施したことになります。
施したもの、盗んだ場所によって民衆の主人公に対する人気が変化します。
例えば、金持ちの家から盗んだものだと人気が上がりますが、善玉商家や貧乏長屋から盗んだものだと人気が下がります。
人気が上がると町を歩いていて民衆から応援されたり(商人は絶対に応援してくれない)、人相書きを捨ててくれたりします。
人相書きが捨てられると人相書きが似なくなってきます。盗んでもある程度の効果があります。
MGSのように見つからないようにじっくりやるゲームとは言いがたいものの、ジャストステルスからの素敵スティールは非常に気持ちがいいので病み付きになります。
また、見つからないための方法も色々あるので、色々と工夫するのも楽しいと思います。


多分、このゲームは売れていないんだろうと思いますし、確かに万人にオススメできるとも言い難いです。
が、今までのアクワイアゲームが面白かった人ならきっと楽しめると思います。
っていうか、アクワイアの素人受けし難いゲームはXbox360に合ってそうな気がしますね。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/11(月) 22:14:09|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Wiiの発表 | ホーム | Light Space Perspective Shadow Map>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monsho.blog63.fc2.com/tb.php/38-4d844cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

monsho

Author:monsho
ゲームプログラマ?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する